そうだ、女子力をアップしよう!

何度、「女子力アップさせよう!!」と意気込んだだろう。
友達に彼氏ができたとき、友達の結婚式の帰り道など決意しては、断念することが多かった。
そもそも「お前のノリは男子校に入れる!」と学生時代から言われている私に女子要素はあるのか?
そんな私が女子力を上げたいがためにいろんな方法を考えてみた!まだ実行はしてないけれど(笑)

方法1.女子力の高い人になりきる!

「わたしは女子力が高いんだ」とひたすら思い込む。
もちろん、女子力の高い人の観察も欠かせないけれど、そんなことよりも自分の思う女子力の高い人になりきってしまう!
「女子力の高い人はこんなことしない…」と考えて座り方などにも変化が出るはず!!

方法2.全身イメチェンする!

髪型だけ…なんて暢気なこと言ってないで、いっそ全身変えてしまう!
髪型も服装の系統もぜ~んぶ変えてしまえばいいのでは?
そうすることで、あの頃の自分と決別できる!!
周りに驚かれる可能性はものすごく高いと思います…

方法3.女子力について知る!

そもそも女子力って何?気の利く人?料理の取り分けができる人?
そんな疑問ごといっそ解決してしまおう!
疑問が解決できれば、近付くこともできるのではないのでしょうか!

ん~3つほど考えたんですけど、いかがですか?
少しはお役に立てたかな?

私は女子力アップは指先からだ!と思ったので、今からネイルサロンに行ってきます!(^^)!

セルフネイルを初めてみることに

元々あまりおしゃれには関心がない方なのですが、プライベートの時間を少しでも充実させたいと思い趣味の範囲でセルフネイルを初めてみることにしました。

身近にカラーを勉強している人がいるので自分に似合う色の傾向のさわりだけを教えて頂き、それに近いであろうネイルカラーを何色か探してバリエーションもマットな感じなものからラメ入りのものまで幅広く購入し塗ってみました。
過去にも家族に無理やり塗られた時は何とも思わなかったどころか臭いもきついだけで面倒臭く思っていたのですが、気が向いている今回は逆に女子力がアップしたように感じました。

また最近ではグラデーションに挑戦してみたり、色んなバリエーションのフレンチネイルにも挑戦してみたりしています。
全く興味がなかったネイルアートですが今は時間を潰しながら女子力アップ出来るささやかな楽しみになっています。
どこまで気が向くか分かりませんが、気が向く限りは楽しもうと思います。

お部屋のデトックス

先週、大掃除を兼ねて大規模(私にとって)な断捨離をしました!
ゴミ袋5個分一気に処分できてすっきりー♪
処分した割合は、服5割、本2割、キッチン1割、書類1割、写真1割ってところでしょうか?
気分がすっきりしますね(^o^)♪

部屋の掃除とか1回やり始めると、いろんなところが気になりだしちゃっていつの間にか床拭きやらなんやらはじめちゃって、、、
さらにすっきりしたお部屋を見てたら、模様替えをしたくなって次の日にはIKEAへGO♪
ラグ、ベッドカバー、照明、カーテンetc。散財してしまいました。

お部屋の雰囲気もガラッと変わって、なんだかちょっとセクシーな感じになった気がする?
テーマカラーは紫っぽいピンクです※今まではオレンジ系のナチュラルな感じ。

女子力UPした!2割くらい!
こののまま、部屋をきれいに保てたらさらに女子力UPできる気がする!3割くらい?
もっとお部屋づくりしたいなー(^?^)
お部屋が常にきれいな女子を来年の目標にしよーっと!

おやすみ前の時間で作る

一日の時間でいちばんゆったりできるのはお風呂上りの就寝前、アップするならこの時間かと思います。
翌日に備えて気分をあげておくのはいいことなんだし、サイトにログインするよりもアナログなことのほうが効果的です。

おやすみ前のスマホやパソコンは女子力低下すると言いますから、内面を心地よくしてくれる趣味でも持つといいですね。
本屋さんに行けば女子力アップにヒントとなる書物があるので、ここぞという一冊を熟睡できるナイトキャップに。
文字を読むよりもファッション誌のほうが好みというならコーディネート特集でもいい。

女子力アップするキーワードは精神面で気分が上がること、おしゃれは女性ならアップしたいと思うことだから効果ありと思います。
知性派なら20分とか30分じっくり本を読んで内面にいい効果、運動するのが嗜好なら就寝前のストレッチでもできたらいいですね。
就寝前の短時間でできる女子力アップをこの冬からの習慣にしてみよう。

いつも元気に褒め上手

職場の雰囲気を、女子力を使って明るくすることができるんです。
要所要所で目の前の人を褒めてあげると、とても喜ばれます。
ちょっとしたことを見つけて褒めてあげましょう。
特に相手の「やっていること」を見つけて褒めるのがいいですね。

例えば、職場の場合では、

・仕事早いですね。
・それ、なかなか良いですね。
・上手にできていますよね。
・やっぱり〇○さんがいてくれて助かるわ。
・〇○さんがやってくれたおかげで達成しましたよ。
・あれ?なんだか上達しましたよね。
・すごく根気がありますね。
・今日も調子が良さそうですね。

など、いくらでも褒めるタイミングがあります。

褒められて悪い気がする人はあまりいませんよね。
褒めることが習慣化されると、それは周囲の人にまで感染するんですよ。
みんなが徐々に褒め合う習慣ができてくるんです。
自分が褒められたら、自分も人を褒めたくなってくるんです。

それはすぐに状況が変わるというよりも、人を褒めているうちに、数年経って気づいたら職場が明るくなっているんです。

自然に人を褒めることができるのは女子ならでは。
外見的はもちろん、内面的にも女子力UPしてみましょう。